兵庫地区のシンボル「清盛くん」

清盛くん
清盛くん
 新川運河キャナルプロムナードの入り口にあるちょっと可愛い平清盛像?です。

 清盛くんは兵庫地域のシンボルとして入江橋に設置されました。なぜ清盛くんがシンボルかというと、ここ兵庫は、平安時代に経が島建設を行い、平安時代に重要だった貿易(日宋貿易)の拠点となって発展したからです。その後、良港だった兵庫港は開港され、神戸港の発展へとつながりました。神戸港発展と平清盛の深いつながりがここにあります。(^^)

新川運河キャナルプロムナード

新川運河キャナルプロムナード
新川運河キャナルプロムナード
 キャナルプロムナードのある兵庫運河は日本最大の運河です。兵庫※の地は歴史のある場所で、兵庫城跡があったり、良港「兵庫港」があったり、また平清盛ゆかりの地でもあります。

 新川運河(兵庫運河を構成する運河の一つ)沿いに作られたキャナルプロムナードは区民の憩いの場所でもあります。周辺に「清盛塚」や「兵庫大仏」「ノエビアスタジアム神戸」など魅力ある観光資源もあるので、観光時にここで一休みするのもいいと思います。

※ここでいう兵庫は兵庫県のことではありません。神戸市兵庫区周辺という、もっと狭い地域のことです。

兵庫城跡

兵庫城跡
兵庫城跡
新川運河キャナルプロムナードにある兵庫城跡です。兵庫城は元町駅北側にある花隈城の遺材等を使って、池田氏に築城されました。(池田氏は姫路城も作っています。)兵庫城の中心はほとんど新川運河の川敷になってしまったそうです。

 兵庫県庁があったのもこの場所なんだそうです。