神戸市電1103号車

神戸市電1103号車
神戸市電1103号車
 ノエビアスタジアム神戸のある御崎公園の中に、神戸市電1103号車が展示されています。ここは神戸市電和田車庫があった場所なんだそうです。

 昭和46年に神戸市電は廃止され、神戸で活躍していた車両は広島電鉄に譲渡されました。それから平成14年まで広島で活躍しました。誕生後50年近く経ち、さすがに老朽化したため廃車となり神戸で展示されることになりました。

 昔の神戸の写真に出てくる路面電車。もしかしたらこの車両かもしれませんね。御崎公園に観光にきた時は、この車両も忘れずにチェックして下さい。

東門街

東門街
東門街
 神戸で「東門街」として知られる「生田東門商店街」のアーチです。東門街は阪神淡路大震災の時に甚大な被害にあいましたが、現在は昔の賑わいを取り戻しています。

 なぜ東門街というかというと、神戸では有名な生田神社の東側にあり、商店街の真中あたりに生田神社の東門があるからだそうです。

 夜の飲食街であると同時に、薬局やホテル、ガス屋さんなど昼にも利用できるお店もあります。

兵庫地区のシンボル「清盛くん」

清盛くん
清盛くん
 新川運河キャナルプロムナードの入り口にあるちょっと可愛い平清盛像?です。

 清盛くんは兵庫地域のシンボルとして入江橋に設置されました。なぜ清盛くんがシンボルかというと、ここ兵庫は、平安時代に経が島建設を行い、平安時代に重要だった貿易(日宋貿易)の拠点となって発展したからです。その後、良港だった兵庫港は開港され、神戸港の発展へとつながりました。神戸港発展と平清盛の深いつながりがここにあります。(^^)