神戸の観光スポットをご紹介しています。

デートにも人気!神戸観光

五色塚古墳 垂水区

五色塚古墳と小壺古墳

更新日:

五色塚古墳

五色塚古墳

五色塚古墳


五色塚古墳と小壺古墳は、文化庁が計画し神戸市が1965年から10年と言う年月を費やして発掘と復元を行いました。現在の多くの古墳は土の山のように見えますが、復元により五色塚古墳は造られた当時の姿をみることができる野外博物館として生まれ変わりました。
五色塚古墳は兵庫県下最大の前方後円墳で、墳丘の全長は194メートル、後円部の高さは18.8メートルと巨大なものになっています。周囲は二重の濠(深い濠と浅い濠)で囲まれていましたが、今は深い濠しか見ることができません。
三段に形成された墳丘は、上段と中段の斜面に淡路島で集められて大きめの石を葺き、下段の斜面には五色塚古墳周辺で集めた小さめの石を葺いていたようです。

五色塚古墳はまだ埋葬施設の発掘が行われていないため、資料が少なく古墳の建造時期がハッキリしませんが、埴輪の形から考えて4世紀後半ころと推測されています。
五色塚古墳には約2200本の埴輪が、墳頂部・上段平坦面・中断平坦面に並べられていました。多くは鰭付円筒埴輪で、5本くらいに1本の割合で鰭付朝顔形埴輪が立てられていました。現在は出土した埴輪をもとに合成樹脂で復元された埴輪が並べられています。

葬られた人物についてははっきりしていません。
当時の海岸線はいまよりも手前(国道2号線あたり)にあり、海側からも目立つところにありました。
明石海峡を望む陸海の交通の要所ともいえる場所で、また淡路島はもとより、紀伊半島や小豆島など遠方が見える見晴らしの良い高台に造られていることから、周辺を支配した実力者が葬られていると考えられています。

五色塚古墳の説明

五色塚古墳の説明

小壺古墳

小壺古墳

小壺古墳


小壺古墳は五色塚古墳の西側にある円墳です。直径70m、高さ約8.5mと五色塚古墳と比べやや小さい作りになっています。
墳丘は2段になっており、五色塚古墳同様に墳頂部と中段の平坦面には鰭付円筒埴輪が立てられていました。
五色塚古墳と違い、斜面に石は葺かれていませんでした。
小壺古墳の造られた時期は、五色塚古墳と同じ4世紀後半ごろと考えられています。
現在は斜面全体に芝が張られています。
小壺古墳の説明

小壺古墳の説明

「五色塚古墳」近隣の観光名所、施設

  • 三井アウトレットパーク【マリンピア神戸】:明石海峡の東側に作られた大型のアウトレットモールです。100を超えるアウトレット店と飲食店街があります。また、子供向けの施設も設けられていて、家族で楽しむことができます。
  • 孫文記念館(移情閣):大正4年に建てられた現存する日本最古のコンクリートブロック造の建造物で、国指定重要有形文化財です。現在は中国辛亥革命の父「孫文」に関する博物館となっています。
  • 舞子海上プロムナード:神戸‐淡路島間に架かる明石海峡大橋の神戸側に設けられた回遊式遊歩道です。巨大な橋の内側を見学することができます。また、ガラス張りになった「丸木橋」では眼下に明石海峡を眺めることができます。お土産屋さんやレストランなどもあります。

ウィキペディア等の情報

ウィキペディアで五色塚古墳について調べる。

写真

googleで五色塚古墳の画像を検索

地図

〒655-0035 兵庫県神戸市垂水区五色山4丁目

-五色塚古墳, 垂水区

Copyright© デートにも人気!神戸観光 , 2019 All Rights Reserved.